書かれていないことが意味づけする様式 ~週刊俳句8月号を読む

蝶と蝶

 

週刊俳句(第386号2014年9月14日)に「〈書かれていないもの〉は〈見えていないもの〉で、その〈見えていないもの〉が〈書かれていること〉とそれを〈書いたこと〉をことごとく意味づけていく様式について」という長いタイトルの文章を書かせていただきました。ちょっと長すぎた…

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です